読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lemon or Orange

モロッコではオレンジのことをレモン、レモンのことをシトロンと言います。レモンジュースはオレンジジュース。。。

最近なぜか鼻歌でリピートしまくりの曲

海外生活

 

最近気がついたらこの曲を歌っています。

 

もちろん歌詞は覚えてないので、サビだけ延々。

 

あーい わーなー すうぃいん ぐ シャンデリー あ シャンデリー

 

 

 

 

Chandelier - シーア

 

 

THE XFACTOR UK

 

2016年のTHE XFACTOR UK で2位になった、

Saara Aalto(サラ オルト)が初めてのオーディションでこの曲を歌いました。

私は、彼女の歌声の方が本家より好きです。

 

THE XFACTORは色々な国でやっているので知っている人も多いと思いますが、

何度もオーディションを勝ち抜いて来た精鋭達が、

毎週末、大勢の観客の前でパフォーマンスをします。

 

毎回、必ずひとり、go home しなければなりません。

sing off といって、視聴者投票で下位の2人が、

それぞれ渾身の歌声を披露します。

そして、

4人の審査員が誰を次の週に残したいか、決めます。

審査員の票が2−2の場合は、

視聴者投票で最下位だった方がお家に帰ります

 

フィンランド出身の彼女は、毎回、下位争いでsing offをさせられ、

でも歌唱力は抜群なので、いつも次の週に残れていました。

 

そもそも、演出する側が、

彼女の良さを引き出してなかったのが問題なんですが、

 

審査員のLui Walsh(ルイ ワルシュ) は、

彼女が英国人じゃないから投票されないんだ、

と言って、大ブーイングをくらっていました。

うわっ、人種差別。

そのせいか、次の週から、

Saara をべた褒めするようになってて

ウケました。

 

イギリスに住んでいたときは、

THE XFACTOR UK なんてただのオーディション番組で、

つまんないと思って見ていませんでした。

 

それがー、

モロッコに住んでいる今は、

パラボラアンテナでアラビア語圏のテレビ番組がたくさん見れます。

 

でもアラビア語はわからない。涙

 

そんなときは、ドバイのテレビ番組にお世話になっています。

Dubai One やMBC2というチャンネルで

英語で、映画もテレビドラマもTHE XFACTOR UKも観れます。

 

それで、THE XFACTOR ってこんなに面白いのかよ!?

毎回、次の週が楽しみでしょうがなくなりました。

 

日本でも放送したらいいのにー。

てか、してほしい。

 

3月に日本に帰るから。。。